カテゴリ:べじたぶる( 24 )

冬にオイシイ!小松菜


おなじみの小松菜。
1年を通じて全国で栽培・出荷されていますが、
本来の旬は、冬場。まさに今頃です。

葉物野菜の多くがそうであるように、
小松菜も、寒さに負けじと葉を厚くして糖度を上げるから、味が濃くて美味しい!

「らでぃっしゅぼーや」の宅配野菜セットでも
冬場はかなりの頻度で、この小松菜が入ってきます。


栄養的にも優等生で、
緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンビタミンC鉄分などがたっぷりなのは
言うまでもありませんが、
小松菜ちゃんの特筆すべきなのは、「カルシウム」の含有量が多いこと。
これは、ほうれん草と比べると5倍もの量だそうです。


味にくせがなく、アクも少ないので、
調理しやすいのが、ありがたいところ。

我が家では、煮びたしや炒め物に使うことが一番多いですが、
たまには、目先を変えて…こんな料理に挑戦してみました。


▼しらすと小松菜のパスタ
c0185115_10413151.jpg
「オリーブオイル講座」で教えていただいたメニュー。
もちろん、オリーブオイルをたっぷり使ってますよ(*^.^*)
敷き油にももちろん、仕上げにもたっぷり…と。
しらすの風味と、小松菜のほろ苦さがマッチして、
「大人のパスタ」って感じです♪

パスタは、味がからみやすい「フジッリ」を使いました。
(我が家では「ねじねじパスタ」って呼んでます(笑))

βカロテンは、油脂と一緒に摂ると吸収がよいので、
その意味でも理にかなったパスタです。
また、しらすも小松菜もカルシウムが多いので、とってもヘルシー♪
とっても手軽にできるので、おすすめ(*^.^*)



▼小松菜の蒸しパン
c0185115_1042569.jpg
小松菜の青臭みがまったく感じられず、おいしくいただけます。
甘酸っぱいレーズンが、とてもよく合います。
手間もかからず手軽に作れるのもウレシイ。
レーズンパンが大好きな夫にも好評。
娘は、レーズンのかわりに金時豆の甘煮を使ってもいいかも
…とアドバイスしてくれました。




ちなみに、小松菜という名前の由来は
江戸時代、東京の小松川で栽培されるようになったことから…だそうですよ。


初夏から秋にかけては、北海道でも多く収穫されるのですが、
北海道内での生産量1位は、なんと我が札幌市だそうで。
そんなところからも、何だか親しみをおぼえてしまいます(^_^)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by miwavege | 2013-02-13 10:48 | べじたぶる

アスパラちゃん、コンニチハ♪


いきなり春がやってきたみたい(*^.^*)

今朝、ふと庭を見たら…
c0185115_1120726.jpg
あらら、アスパラさんが
にょきにょきっと伸びはじめているではないですか\(^▽^)/

ぜんぜん気がつかなかったわ(^_^;)


本格的な収穫シーズンがはじまるのは、1か月くらい先かと思っていたので、
すっかり油断していました(笑)

でも、すっごく嬉しいサプライズ(*^.^*)
テンション上がります♪



ここ2~3日の25℃超えの陽気に、
植物たちも突然動き始めたのかも(*^.^*)。




サッポロは、1日に桜の開花宣言がされるやいなや、
昨日にはいきなりの「満開宣言」!!!

うそみたいでしょ?(笑)

急いで写真撮りに行かねば…と、いささかアセる(^_^;)


だって、今日から雨風が強まる…って予報なんだもの。
どうか、持ちこたえてね、桜さんたち。
咲いていきなり散り始める…なんて…イヤだよ。
あなたたちに会えるの、ものすっごく楽しみにしてたんだから。
[PR]

by miwavege | 2012-05-03 11:26 | べじたぶる

まだまだあります、大根(笑)


前回のエントリーに続き、
今日も「大根ネタ」で引っ張ります(^_^;)

にしん漬け、第1弾は、思いのほか早く漬かってしまって、
酸味がきつめに上がってきてしまったので、
第2弾は、少し寒いところに置き場所を変えてみました。。。

がっ!!
今度は、涼しすぎるのか、5日目なのに、まだ水が上がってこないヾ(- -;)。。。

ん~、ムズカシイものですねぇ。

なかなか思ったようにはいかないなぁ(^_^;)


ムロには、まだまだたくさんの大根が出番を待っています。
しかも、細すぎたり、形が悪かったり…なので、
人様にさしあげることもできず。

ひたすら我が家で、大根料理の毎日が続きそうです。


さて、今夜は、
こんなものを作ってみましたよ♪

大根めし
c0185115_2052347.jpg

「大根めし」っていうと、まず思い浮かぶのが…

そう、

「おしん」ですよ、「おしん」。


…って私だけかい?(笑)


しかし、あの暗いイメージが吹き飛ぶほど、
かなりオイシイんですからっ(*^.^*)

鶏肉と油揚げがうま味&ボリューム感を出してくれているので、
まぁ、たしかに「おしん」時代とは材料からして違うんでしょうけど。

大根もやわらかく、みずみずしくて、
ごはんもふっくら、自然なお味に仕上がりました(*^.^*)

薄口しょうゆを使っているので、色合いもやさしい♪


ついついおかわりしてしまう…
罪な「大根めし」なのでございます(笑)。
[PR]

by miwavege | 2011-11-25 20:55 | べじたぶる

そして、収穫の秋。


今年、
夫が何人かのお友達と一緒に、畑づくりに挑戦しました。

夏に入るころ始めたので、
作物は「大根だけ」ですけど(笑)。


秋を迎え、そろそろ収穫時期。

先日、様子を見に行って来ました。

c0185115_21293019.jpg
はじめまして。大根畑さん(^_^)
思っていたより、しっかりと成長している大根たち。
野菜大好き人間は、こういう景色を見ると、どうしようもなくワクワクしますo(^o^)o



c0185115_2130268.jpg
「もう抜いてよ~」という声が聞こえてきそう。


ためしに3本だけ抜いてきました(^_^)
c0185115_21311376.jpg
お店に並んでいるものと遜色ないくらい、リッパな出来栄えじゃないですか(*^.^*)



これをどう料理しようか。

まずは、何をおいても、ふろふき大根でしょ、
それから、サラダでも食べてみたいし。
あとは、塩麹で漬けてみたいし、
それから、うすぎりハムと一緒にミルフィーユ仕立てのピクルスも(*^.^*)。。。

作ってみたいものが次から次へと(*^.^*)


計算によると、うまくいけば
一件分の割り当ては30本くらいになりそうだとか。

今年はいよいよ、初めてのたくあん漬けにチャレンジか?!(*^.^*)
[PR]

by miwavege | 2011-10-17 21:34 | べじたぶる

真夏日に冷たいスープ



朝、「今日は暑くなりそう」という天気予報を見たときから、
今日はこのスープを作ろう!と心に決めていました。

c0185115_2073085.jpg
ヴィシソワーズ(じゃがいもの冷たいスープ)



夕食にキンキンに冷えたものを食べたいので、
午前中から仕込んで、じっくり冷蔵庫で冷やして。。。

作り方自体は、超カンタン。
小さく切ったじゃがいもと玉ねぎをバターで炒めて、
ひたひたのコンソメブイヨンで、やわらかくなるまで煮る。
ブレンダーかミキサーで、なめらかになるまでつぶす。
以前は、ミキサーしかなかったので、それを出すことを考えると
ちょっぴりおっくうだったのですが、
今回は、最近買ったブレンダーのおかげで、めっちゃラクちん(*^.^*)。
このブレンダーは、
アタッチメントを替えることで、フードプロセッサとしても使えるので、
ものすっごく重宝しています。
ヘソクリはたいて買って大正解!!(笑)

さて、
なめらかになったら、牛乳でのばしながらあたため、塩・こしょうで味をととのえる。

あとは冷蔵庫で、冷え冷えになるのを待つ。

器に注いだあとに、生クリームと、みじんパセリを浮かします。

以上。


う~~ん、冷たくて、まろやかで、
じゃがいもの甘みとうま味が、ぎゅ~~っと詰まっていて
ものすっごくオイシイじゃん!!(*^.^*)
家族からも
「うまいっ!!!」の言葉(^_^)v



今日の札幌は、最高気温が30℃を超え、真夏日に。

まさに今日にぴったりのスープです。




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


[PR]

by miwavege | 2011-07-28 20:15 | べじたぶる

主役も張れる名わき役・ごぼう


▼たたきごぼう
c0185115_11584498.jpg

■材料(2人分)
 ごぼう……大1本 
  A  だし……1/2カップ
     さとう…小さじ1
     塩………少々
     醤油……小さじ1
  B  切り白ごま…大さじ3
     酢……   大さじ1
     さとう…  小さじ2
     醤油……  小さじ1
     塩……   少々

■作り方
 1.ごぼうは10㎝くらいに切り、酢少々を加えた湯で7~8分ゆでて湯を切る。
  軽くたたいてひびを入れ、3~4㎝長さに切って、手で食べやすい大きさに裂く。
 2.Aを合わせた中に1のごぼうを入れ、汁気がなくなるまで煮る。
 3.Bを合わせ、冷ましたごぼうを加えてあえて出来上がり。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



秋冬は、ホントに根菜がおいしくなりますねぇ(*^.^*)

幼いころ~若いころにかけては、あまりなじみのなかった、いやむしろ苦手だった「ごぼう」。
すっかり大人になった今は、大好物の野菜のひとつになりました。
健康にいいのはもちろん、この味わいと香り、そして歯ごたえ。
汁物、たとえば鍋物、豚汁、おそばなど、これが入っているのといないのとでは、大違い!!
他の具材の味を引き立て、さらにおいしさをプラスしてくれるごぼうちゃん、
ホントにいい仕事してくれます♪
さらに、きんぴらごぼうや、このたたきごぼうに代表されるように、
リッパに主役にもなれちゃうんだから、大したモンです(*^.^*)

こんな優秀な野菜だというのに、
食用にされているのは、日本をはじめアジアのほんの一部の国だけなんですって。
(「日本のみ」という説もアリ)
「日本人は木の根っこを食べるのか」
と言われるとか(笑)。
なんとまぁ、もったいないっ!
食物繊維が豊富で、血糖値の急な上昇を防いだり(ワタシにぴったり♪)
腸の中をきれいにして、生活習慣病の予防やダイエットに効果的。
さらにおいしい…と来れば、使わない理由はない!

ごぼうがたくさん来た日は、私はこの「たたきごぼう」をたくさん作ります。
いったん茹でて、たたいて、切って、裂いて、
さらに煮て、それを和えごろもであえて…と、
けっこう手間といえば手間なのですが、
時間がないときは、途中の「煮る」という行程を省いて、
あたたかいうちにBで「あえる」だけ…でもおいしくいただけますよ(*^.^*)。


「ごぼう」といえば、
先日、息子が道産食品のアンテナショップで、こんなお菓子を買ってきてくれました。

▼ごぼうクッキー
c0185115_12273338.jpg
c0185115_1227448.jpg



ごぼうの独特の歯ごたえがプチプチと残っていて、
口の中に香りがふんわりと広がってとってもおいしかった~(*^.^*)
しかも、小麦粉やお砂糖なども道産にこだわったという、
北海道民としては、しっかり応援したくなるお菓子です。
ごぼう自体、北海道は全国第3位の生産量を誇っているのですよ♪


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ごぼう
~キク科ゴボウ属~

旬は11月~1月ごろ。

イヌリンヘミセルロースなどの食物繊維が豊富。
便秘の解消などに効果的。
大腸ガンや糖尿病の予防にも効果があるとされています。

香りと旨味が多く含まれるのは皮の近く。
皮は薄めにむきましょう。
私は、よく洗ったあとに、アルミホイルを丸めたもので
ゴシゴシと皮をこすってむく程度にとどめています。
アクが強いですが、水にさらしすぎないことも旨味を残すポイント。

太さが均一で、曲りやひびのないものを選びましょう。
ただし、太すぎるものは「ス」が入っているおそれがあるので注意。
買うときは、できるだけ土付きのものがおすすめ。
洗いごぼうとは、香りに格段の差があるのです。



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

 
   
[PR]

by miwavege | 2010-12-23 12:54 | べじたぶる

愛される理由(ワケ)・さつまいも


▼なんちゃって大学芋
c0185115_20454484.jpg

・さつまいもは食べやすい大きさに切って水にさらしておく。
・フライパンに多めの油を熱し、水気を切ったさつまいもを中火で炒める。
・油が全体にまわったら、フライパンを動かさずにしばらくそのまま。
 (あせらずにじっくりとじっくりと。。。)
・さつまいもに焦げ目がついてきたら、一度全体を混ぜる。
・砂糖に少量のお水を加えたものをイッキにジュワーっと入れ、
 すばやくフライパンをゆすり、糖分をからめる。
・最後になべ肌からしょうゆを回し入れ、さっと混ぜて出来上がりぃ♪

※注 さつまいもをレンジでチン!するのはNG(^ ^;)
    「ほっくり感」が失われてしまうそうな。
       あせりは禁物!手間をかけましょう(笑)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


あ~、甘いモン食べたくてたまらん!!

でも、おやつ箱には、なんにもない。。。

野菜室には…あらら、サツマイモが1本だけ(T_T) 。。。

う~~ん、でも、焼き芋じゃ、なんか物足りない!
もっとパンチのある甘いモン食べたい!

あ、そうだ!大学芋!!!それいい、いい(*^o^*)
でもさ~、揚げたりするのめんどいし、けっこう手間かかるし…。




…ってときに、ぴったりなこの「なんちゃって大学芋」。
(前置き長くてスミマセン(^ ^;))

kanangさんのこの日のblogを拝見し、作ってみました。


ほんのり甘くて、コクがあって、「ライトな大学芋」って感じ(*^o^*)

おいしいっす(*^o^*)
甘過ぎないので、おかずにもなるし。

次から次へと口に入れたくなる、あとをひくおいしさです。

しかもカンタン♪

ぜひおためしくださいませ(^.^)




さつまいもが美味しいシーズン。
収穫は9月~11月ころに行われますが、
しっかり熟成されて出回る貯蔵モノが一番おいしくなる時期は冬場から。
甘味がグン!と増すそうです。
さつまいも愛好家にとっては、これからが楽しみですねっ。

料理だけでなく、スイーツにも多く使われ、女性ファンも多いこの野菜。

そりゃそうですよ、だってホントにオイシイもん♪
たとえば、ほっくり焼けた「焼き芋」、カラダだけでなくココロまでも
あたためてくれますもの(*^o^*)

さらに栄養的にも優等生。

特筆すべきは、食物繊維を多く含むこと。
さらに「ヤラピン」という、切り口からにじみ出てくる白い液体、これが
整腸作用があって、便通をよくするはたらきをしてくれるそうなのですな。

「さつまいもは太る」と敬遠されるむきもあるようですが、
ごはんや小麦ものに比べるとはるかに低カロリー、
しかも女性にうれしい栄養素もたくさん含まれる…とあれば、
こりゃ、ほっとく手はないですわな(^.^)
上手に食生活に取り入れましょう♪


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
さつまいも
~ヒルガオ科サツマイモ属~

食物繊維のほかに、
ビタミン、ミネラル、カリウムも豊富。
この栄養素の損失を防ぐ調理法は
「まるごと」がキーワード。

皮にはカルシウムが多く含まれているので、皮ごと食べるのがおすすめ。
さつまいものビタミンCは、でんぷんによって守られているので
熱を加えても損失が少なくてすむようです。
まるごと調理することによって、その効果もより発揮される…ってワケですね。

選ぶときは
細いものよりも太めのものを。
とくに中央がふっくらとしているものが良品。
皮にツヤがあって、色が均一のもの。
切り口に蜜が出ているものは、糖度が高い、とされています。

保存は
寒いところが苦手なので、冷蔵庫はNG。
新聞紙などにくるんで、常温で保存しましょう。
水気と乾燥に注意!です。



こうして記事を書いているうちに、
また食べたくなってきちゃったじゃん(^ ^;)

さつまいものおすすめ料理、ありましたら、ぜひお知らせください(*^o^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


[PR]

by miwavege | 2010-11-22 21:19 | べじたぶる

これからが旬!ほうれん草


▼ほうれん草とマグロの中華風サラダ
c0185115_1714486.jpg

・刺身用マグロは一口大よりちょっと小さめのそぎ切り。
・ほうれん草はかために茹でて3㎝くらいの長さに切る。
・しょうゆ、砂糖、酢、ごま油、ラー油をまぜたものに
 みじん切りの長ねぎ、にんにくを加え、ソースにする。
・マグロとほうれん草をソースで和えて、ハイ、出来上がり♪

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

先日、どこかのサイトで目にした
「子供がきらいな野菜」というアンケートで、
「第4位」という中途半端なポジションに輝いた?のが
ほうれん草。
(ちなみに、1位はピーマン、2位はトマト、3位はなす、5位はきゅうり)

たしかにね~。
ほうれん草って独特の青臭みとか、苦みがあって苦手…って人も
子供に限らず、大人でも多いのかもしれませんよね。

その大人のひとりが、何をかくそう、我が娘でございます(^ ^;)。
おひたしやごま和えが食卓にのぼると、
「うへぇぇ(´Д`)。。。イヤだぁ。。。」
と情けない声で訴えます。
もちろん、お残しは許さないから、彼女は半泣き状態になりながらも
なんとか完食するのですが…(^ ^;)。

そんなアンチ・ほうれん草派の娘をして
「コレ、おいしいかもっ(*^o^*)」
と言わしめたのが、この「ほうれん草とマグロの中華風」

もともと、ほうれん草もマグロも少しずつしか残っていなくて
なんとか一品に仕上げたくて考えた末に思いついたメニューなのですが、
青臭さを消すような濃い味付けだったのと、
なにより、彼女がマグロ好きなのが救いだったのかもしれません(笑)

ほうれん草といえば、鉄分、葉酸が豊富。
血をつくる成分がたくさん含まれているんだもの、
ウチの娘のような若い女性には、たっぷり摂ってほしいものだわ。

作り方もいたってカンタン。
そして見た目もちょっと豪華。
お酒のおつまみにも合うかも♪
いかがでしょ?


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
ほうれん草
~アカザ科ホウレンソウ属~

鉄分の含有量は、野菜でもトップクラス。
さらに、その吸収を助けるビタミンCも豊富。
造血作用のある葉酸も合わせ、貧血予防に欠かせない野菜。
ビタミンBやCは美肌をつくる効果もアリ♪
カロテンも多く、風邪の予防にも効果的だそう。

こんな優秀なほうれん草ではあるけれど、
ちょっと困った成分も。
結石の原因ともなる「シュウ酸」を含むことです。
でも、これは生で大量に食べ続けない限りは、さほど問題にはならないそう。
でも、茹でてアク抜きしてからいただいたほうが安心ですね。

最近では、このシュウ酸をおさえた品種も売り出されています。
「サラダほうれん草」として店頭に並んでいますよね~。
葉がやわらかくって、クセがなくて、本当においしい♪
ワタクシ、大好きです(*^o^*)
サラダバーにならんでいたら、何をおいても、もっぱらサラダほうれん草ばかり
いただきたくなるくらい(笑)

選ぶときは、
葉の色が濃くて、葉先までハリのあるものを(^.^) 。
茎は適度の太いものがベター。
細すぎるものはまだ成長途中で、うま味が少ないことがあるそうです。

保存は、
ビニール袋などに入れ、冷蔵庫に「立てて」おくとOK。
固めにゆでて、冷凍庫で保存しておくのも何かと使えて便利ですよV


暑さに弱い野菜のため、旬は冬。
いまごろの時期から2月頃にかけて甘味が増して、美味しくなるんですってよ~。
オイシイ時期に、たくさん食べて、
ポパイみたいに強くなっちゃいましょ~(*^o^*)

…って、これ以上強くなって、どないすんねん(笑)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


[PR]

by miwavege | 2010-11-17 19:42 | べじたぶる

根菜の季節


らでぃっしゅぼーや」の野菜セットに、根菜類が入ってくることが多くなってきました。

大根、れんこん、さつまいも…などなど。

もう少し寒くなれば、これに私の大好きなごぼうちゃんも加わるのが楽しみ♪

食物繊維をたっぷりとって、身体の調子をととのえましょ~(V^-°)


さて先日は、大大大好物のれんこんを使って
こんな美味しいものを作りましたよ♪

▼れんこんのカレーフライ
c0185115_20131945.jpg
れんこんを輪切りにし、
塩、カレー粉、片栗粉をまぜまぜしたものといっしょに
ビニール袋に入れ、粉をまんべんなくまぶし、
それを多めのサラダオイルで揚げ焼きしたもの


これがまた、おいしいんだわ(*^o^*)
フシギなことに、れんこんちゃんの甘味がきわ立つのよねぇ♪
う~、あとをひくおいしさなのです。

これは、お菓子の師匠(笑)kanaさんに教えていただきました。

彼女に教わるお菓子やお料理は、はっとするほどオイシイ!
しかもカンタンで、いつも「目からウロコ」なんですぅ(*^o^*)

「れんこん」についての栄養価などのあれこれは、以前にアップしたことがありました。
こちらをごらんくださいませ。



 * * * * * * * * * * * * * * * * *

さてさて、話は変わりますが。

昨日、娘が
「めっちゃおいしいワッフルカフェがあるから連れてく」
と言うので、さっそく行ってまいりました。

私が住む豊平区内にある
「cafe amor」です♪

☆期間限定・スイートポテトワッフル
c0185115_20355160.jpg


これ、絶品!!!(*^o^*)
ほんっと。めちゃうまです~。

ふんわり焼かれたベルギーワッフルの上に、
ほどよい甘味のバニラアイスと生クリーム、
ポコッとのっかってるスイートポテトが、こりゃまた美味美味(*^o^*)
カリッと揚がったさつまいもチップスが添えてあるのもオシャレ♪

いやいや、今思い出しても、すぐに食べに走りたくなるくらいじゃ。。。(^ ^;)


そして、このお店、スタッフさんの感じがとってもいいの♪
お店の雰囲気はシンプルで、落ち着けるし、
店長さんらしきかたの笑顔がとってもステキでね。
ぐふぐふっ(*^o^*)

実は、昨日は事情(足の負傷(笑))のため、ワタクシ、足を引きずって歩いて
おったんです。
それを見てか、お会計のあと、そのかたがさっと出口のドアを開けてくださって
「お気をつけて…」
と声をかけてくださったのよぅ♪

うわぉ~、やさすぃ~~~~♡

惚れてまうやろ~~~~!!!(*^o^*)




はいっ!リピ決定~~(V^-°)


ほかにも通常メニューとして、ワッフルの種類も豊富、
パスタなどのお食事もあるので、
全メニュー制覇を目指して、通いますっ、しつこく(笑)。


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


[PR]

by miwavege | 2010-10-08 21:01 | べじたぶる

ダイエットの味方☆冬瓜(トウガン)


トウガン…ご存じですか?

漢字で書くと「冬瓜」。

”ふゆのうり”
…だから、てっきり冬野菜だと思ってました。

が!
旬は「夏」なんですって。

へぇぇぇ~~~。

夏~秋に収穫されても、冬までおいしく保存できちゃう…ってことから
「冬」の字があてられているとか。
保存性の高さが自慢のお野菜なのですね。


さて、実はわたくし、この冬瓜ちゃんとは「はじめまして」でございます(*^o^*)
その存在は存じ上げておりましたが、実際に手にするのはお初。
今週の野菜セットに混じって、初めて我が家に来てくれました。

「ようこそ、冬瓜ちゃん」
c0185115_21475531.jpg
長さ20㎝くらい、直径13㎝。
どっしりと重い。
これでも「ミニ冬瓜」なんですと(; ̄Д ̄)
スタンダード冬瓜は、どんだけデカいっちゅ~~ねん(*0*;)


半分に切るとこんな感じ。
c0185115_21482740.jpg



さて、これをどう料理しよう…とネットであれこれ探し回り、

「冬瓜のエビあんかけ」を作ってみました。
c0185115_21485827.jpg


・ひとくち大に切った冬瓜の皮をうすくむき、塩を入れたお湯で柔らかくなるまでゆでる。
 (7~8分くらい)その後冷水にとる。
・細かくたたいたエビを、調味料の中で炒り煮、だしを加えて、そこに冬瓜を入れる。
・落としぶたをして、15分くらい煮る。
・仕上げにしょうが汁を加え、水溶きかたくり粉でとろみをつけて、 
 枝豆を加えて出来上がり。


見た目は大根の煮つけに近いかな。
味はあっさり。
歯ごたえはやわらかく、ちょっとトロみもあり。

ウリ系が苦手な夫も息子も、
「けっこう食える」と(^ ^;)。

失敗だったのは、うすくち醤油を切らしていて、普通のこいくちで作ったこと…デス(^ ^;)
もっとうすい色に仕上げられれば、もっとキレイだったのにね。残念(*´Д`)=з


さて、この冬瓜ちゃん、
ウリ科のお野菜のお約束、カリウムが豊富。
このおかげで利尿効果があり、むくみの解消につながるのです。
ほかに、ビタミンCもたくさんなので、
皮膚や血管を丈夫に保つ働きをしてくれて、美肌効果もアリ。
あと、風邪などの予防にも効果的。
ほかにも抗ストレス作用もあるそうです。

特筆すべきは、90%が水分であることから、カロリーがかなり低いこと。
おなかいっぱい食べても大丈夫よん(*^o^*)



あと半分残っているんだけど・・・
どのように料理すれば、美味しくいただけるでしょう?

どなたかご教示くださいませ♪


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


[PR]

by miwavege | 2010-10-05 21:10 | べじたぶる