『オリーブオイルの魅力』講座・第5回


オリーブオイルについて学ぶ講座も、5回目になりました。

 第1回目レポ→
 第2回目レポ→
 (第3回目のレポはサボってしまいました(汗))
 第4回目レポ→


回を重ねるたびに、どんどんオリーブオイルの魅力にハマっている実感が(*^.^*)

いま、我が家ではオリーブオイルの消費がハンパない…です(^_^;)

最近は、
グリーンサラダに、お塩をパラリ&オリーブオイルをタラリ…がブーム(^_^)
ヘタにドレッシングを作るよりも、よほど美味しかったりするんだもの(^_^;)

先日は、
ぶっかけうどんにオリーブオイルをちょこっとたらしてみたら…
あらら、これがまたオイシイの、コクがあって(≧∇≦)♪

このように、
我が家では、オリーブオイルの存在が日に日に大きくなっています(^_^)

昨年の「塩麹」に続き、大ブレイク中\(^▽^)/

ただね~、
質の良いオリーブオイルは、お値段も張る(T_T)
でもね~
品質の悪いものは、美味しくないしねぇ(´_`。)

「オリーブオイル貯金」でもはじめようかな、と
本気で検討しています(笑)


。・゚゚・・゚゚・。。・゚゚・・゚゚・。。・゚゚・・゚゚・。。・゚゚・・゚゚・。。・゚゚・・゚゚・。。・゚゚・・゚゚・。


さて、今回の講座のテーマは
「イタリアオリーブの歴史」「南イタリアのオリーブオイル」


オリーブオイルは、
なんと6000年以上も前から中東で栽培されていて、
ランプの灯の燃料や、宗教行事などに使われる…など、とても貴重なものとして
扱われていたそうです。

その後フェニキア人によって西に運ばれ
人口の多いギリシャに伝わり、そこからイタリアのシチリアに広まったそう。

ふ~ん、歴史が深いですねぇ。。。



イタリアのオリーブオイルは、その85%くらいが南イタリア産だそうで、
ここが世界の中でも一大産地となるワケですね。

その南イタリアの中でも
地区(州)ごとにそれぞれ代表的なオリーブの品種があるそうです。

c0185115_20131028.jpg
(左)シチリア州の代表品種・ビアンコリッラ
(右)カンパーニャ州の代表品種・カルペッレーゼ


テイスティングしてみると
ビアンコリッラのほうは、さわやかで青々しい感じ。トマトのヘタのような香りで、
苦味も少ない。
カルペッレーゼは、香りが強くそして苦い&辛い!なかなかインパクトがあります。


デモ&試食は、このビアンコリッラを使って…
c0185115_20135477.jpg
(上)ナスとトマトソースのノルマ風パスタ(デモ)
(下・左)パプリカとアンチョビのマリネ(デモ)
(下)カプレーゼ・パイナップルとリコッタチーズ


デモで作っていただいた2品、また我が家でもためしてみますo(^o^)o

次回のレポートもお楽しみに~~(^_^)/~~


☆上記のオリーブオイルは、こちらでお求めいただけますよ♪
 →『オリーブオイル市場』


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]

by miwavege | 2013-02-17 20:18 | オリーブオイル

<< 『野菜ソムリエ』交流会 冬にオイシイ!小松菜 >>