「ひねるとお湯が出る」のは当たり前ではないんだよ

それは、
壁や、天井から水がポタポタ漏れる…という現象が表れたあの日から
始まりました。

業者さんに診てもらったところ、
お湯の配管が、すっかり腐食していて、ピンホールのような穴があちこちに
空いている、とのこと。

そりゃそうだよね、
築28年も経っているんだもの、
水道管だって、痛むよね(^_^;)

その穴たちを塞ぐことで、当然応急処置はできるけど、
それはあくまでも応急的なもので、またどこからか水が漏れるのは
避けられないだろう…ということで、
この際、水まわりの配管をすべて交換してもらうことになりました。


その工事が完了するのが明日。
「お湯が出ない生活」を余儀なくされ、本日が3日目です。


思い起こしてみれば、
結婚した当初は、瞬間湯沸かし器もついていない部屋に住んでいて、
洗い物のたびに、やかんでお湯を沸かし、
すすぎは、水で。
お風呂にもシャワーなんてついていなかったけれど、
それが当たり前だったし、特に大変だとは思ったことはなかったなぁ。

でも、蛇口をひねるとお湯が出る生活にすっかり慣れてしまった今では
やたら不便に感じてしまうのです。
それはしかたのないこと…ですよね?

一番困ったのは、お風呂とシャワー。
特に、毎日朝シャンして出かける娘は、お客様相手のお仕事、ということ
もあって、けっこう大問題・・・のハズ。
でも、大騒ぎして抵抗するかと思いきや、
毎日帰りにスパや健康センターなどに寄ってきたりして、
意外や意外、それなりに楽しそうなんだよね~♪

息子も、
「こういう経験はめったにできないんだし、楽しもうぜ、イエイ!」
…ってなノリで、夫と一緒に銭湯に通ったりしてね(*^.^*)

家族が意外とポジティブなんで、助かりました(笑)


工事の前には、台所や洗面所のまわりやシンク下に置いてあるものを、
すっかり片づけなければならなくて、
それがワタシ的にはかなりの重労働だったのですが、
考えてみればね、こういうことでもなければ、
大がかりな片づけには、なかなか手をつけなかっただろうと思うのですよ(^_^;)。
とくに私は、腰が重いのでね(笑)
そんな意味で、
今回は、いいきっかけになった…と思うことにしました。
ちょっと早く大掃除が済んだ…と思えばラッキーだし♪

それになにより、
明日、久々にお湯が出るようになった瞬間には
ものすごいシアワセ感を味わうことができると思うんです(*^.^*)

いろ~~んな意味で、
貴重な体験、継続中です(^_^)
[PR]

by miwavege | 2011-12-02 19:42 | etc・・・

<< カラーblog お引越ししまし... ぬりえイベントのお知らせ(*^... >>