『野菜博士のおくりもの』


北海道民なら、ご存じのかたも多いと思うけれど、
かつて地元ローカルTV番組に自らコーナー出演され、野菜の素晴らしさを
伝えてこられた農学博士・相馬暁先生
その先生からのメッセージを伝える…という形で出版された本
『野菜博士のおくりもの』を、手にした。
c0115701_13448100.jpg


先生は、ユーモラスで温かみがあって、人情味あふれるお人柄で、
野菜のことを独特の表現でわかりやすく楽しそうにお話になるお姿に、
そのコーナーを楽しみにしていたファンも多かったことだろう。
私もその1人だった。
今でこそ、まるで恋愛状態(笑)のように野菜に夢中な自分だけれど、
先生がTVに出演されていた頃は、実は今ほど野菜に興味を感じていた
ワケではなかった。
でも、そのコーナーだけはとても楽しみにしていたおぼえがある。

残念ながら、先生は3年ほど前に他界されたのだが、
北海道の農業を思い、野菜の大切さを少しでも多くの人に伝えたい、と
病をおして活動なさっていた先生の強い想いを残すべく、
何人かの方々が力を合わせてつくられたこの本、
写真も豊富でキレイで読みやすく、文章もあたたかみたっぷり。
ありし日の先生のお姿が思い出され、
なつかしいような、ほっとするような、そんな気分で読み終えることができた。
ホウレンソウ、ピーマン、玉ネギ、など、ごくごく身近な野菜たちが
わかりやすい言葉とキャラづけで紹介され、ますます親しみがわく。
また「ビタミン愛のレシピ」と題して、簡単なレシピも掲載されている。

この本の「伝え手」である、フリーアナウンサーの宇都宮庸子さんは、
「ベジフル・マイスター」(正真正銘の「野菜ソムリエ」)の資格も
お持ちのようで、尊敬と共に親近感もおぼえてしまう♪

あぁ、つくづく先生がご存命のときに、お話をぜひお聞きしたかった…と、
今さらながら後悔してしまう。
でも「野菜の素晴らしさを伝える」という点は、この私にでも、少しはお手伝いできる
かもしれない…と、試験勉強へのモチベーションが、やや高まっている私なのです(^.^)
[PR]

by miwavege | 2008-06-05 13:11 | etc・・・

<< はじめての「梅しごと」 『野菜ソムリエ講座』ついに最終回 >>